2018年07月23日

後藤修一氏「お見送りの会」のお知らせ(補足事項あり)

後藤修一氏「お見送りの会」のお知らせ

シュペーア 3a.jpg
元ドイツ軍需大臣アルベルト・シュペーア氏と。

ご親戚はご高齢のため、火葬場にはどなたも参列されません。「我々友人がお見送りをさせてほしい」とお訊ねしたところ、ご承諾を得ましたので、下記の通りご案内申し上げます。

後藤修一氏「お見送りの会」

1.日時 7月28日(土)
  09時50分  棺の斎場着
  10時     棺の窯入れ
  です。従って参列される方は9時50分までに斎場にお越しください。
2.場所 久保山斎場
横浜市西区元久保町3−1
TEL 045−231−3060
交通 京浜急行「黄金町」から市営バス
JR「保土ヶ谷」東口から市営バス いずれ「久保山霊堂前」下車
下記を参照願います。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kankyoshisetu/saijou/ku-saijou.html

※ご注意(日本学生同盟、三島由起夫研究会関係者主催で行います)
・葬儀ではなく火葬のみで喪主もいませんので、香典の儀は不要とさせて頂きます。
・火葬にかかわる費用は後藤家(実際にはご親戚筋)が負担されます。火葬中の控室の費用や花代は、すべて当会が持ちますが、カンパは随時、受け付けております。控室でのビール等飲食の費用ですが、斎場内に売店がありますので各自適宜ご自分で買って下さい。「お見送りの会」終了後の直会は企画しておりませんので、各グループ有志で行って下さい。
・この暑さですから上着やネクタイは不要です。
・後藤修一氏の人生の集大成として、各界いろんな方がお集まりになるのは、これが最初であり最後となりましょう。当然、考えの違いや不愉快な事があるかもしれません。しかしながら、ここは後藤修一氏が微笑んで旅立てるよう、皆様のご理解とご協力を賜りたく存じます。

後藤修一氏「お見送りの会」連絡係 田村 誠(T機関長)
tm@01.eek.jp

※ご注意(7/26追加)
・スタッフは、ごく少人数ですので、斎場内外でのご案内は致しません。
・繰り返しますが、9時50分にお棺が斎場に到着。10時に棺の窯入れ。時間通りに粛々と執り行われます。ご参列者が多数となりました場合、斎場のスペースなどにより、棺の窯入れに立ち会えない場合があります。申し訳ございませんが、我々が盛大に後藤修一氏を見送ることが供養になるとだけ考えての会でありますので、10時になりましたら黙祷をお願い致します。
・ご遺体のお顔にはガーゼがかぶせてあります。この暑さで損傷があり、本人の尊厳を損なわないためのものですので、何卒、ご理解下さい。
・当日は、台風12号が関東に上陸するとの予報が出ております。交通機関の乱れが予想されますので、無理してまでのご出席は、どうぞおひかえ下さい。
・台風の影響を考え、窯入れの10時をもって解散と致します。骨上げは関係者のみで行います。 斎場内の混乱を避けるため、何卒、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。


管理者記載
田村氏より先にお亡くなりになった後藤修一氏「お見送りの会」の告知を頂きました。お問い合わせは上記の会場または田村氏にお願いします。改めまして後藤修一氏の御冥福をお祈りいたします。


posted by 猪川小砂 at 23:49| Comment(1) | 告知
この記事へのコメント
大学4年間後藤さんとご一緒に、ドイツ語やラテン語の授業、礼拝、戦前のドイツ映画鑑賞、ラテン語の先生のヨットに乗る、赤羽先生引率で、夜中に竹芝桟橋から船に乗り雑魚寝して大島にドイツ語クラスの旅行、オペラを見る、ヒットラー関係の映画を見る、学園祭でドイツ喫茶店をやる、思い出したら、キリがないほど、ご一緒に楽しい時間を過ごしました。
後藤さんをご存知の方とお目にかかって、後藤さんのお話しをしたいです。
都内の方いらっしゃいましたら、お声をお掛け下さい。
Posted by 丸子 睦美 at 2019年02月04日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。